村田 本拠地初の古巣・横浜戦で猛打賞!

[ 2012年5月10日 06:00 ]

<巨・D>3回1死二、三塁村田は適時打を打つ

セ・リーグ 巨人8-5DeNA

(5月9日 東京D)
 巨人の村田が本拠地初の古巣・DeNA戦で今季2度目の猛打賞だ。初回に右前打。3回無死二、三塁では左前適時打を放ち「追い込まれていたのでコンパクトに振ることを心掛けた」。6回にも中前打と、特定の選手にスポットを当てる「村田修一プレーヤーズデー」に自ら花を添えた。

 未熟児として生まれた長男・閏哉(じゅんや)君(6)の父でもある村田はこの日、NICU(新生児集中治療室)の子供たちと家族5組計15人を招待。試合後にはサインボールを手渡し、記念撮影にも笑顔で応じた。

 ▼巨人・マシソン(来日初セーブ)いつも通り打者一人一人抑えることを考えていた。

 ▼巨人・ホールトン(7回2失点で2勝目)ホームランを打たれた後、ある程度開き直って自分の投球をしようと思った。しっかりと落ち着きを取り戻せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月10日のニュース