牧田 志願の完投勝利 守護神・涌井スタンバイも

[ 2012年5月9日 06:00 ]

<楽・西>西武・牧田は完投で今季2勝目を挙げる

パ・リーグ 西武2-1楽天

(5月8日 Kスタ宮城)
 西武の牧田が5安打1失点完投で今季2勝目をマークした。

 前回対戦した1日は8回2失点(西武ドーム)と好投も敗戦。「今回は何としても勝たないといけないと思っていた。勝てて良かった」。3回に1点を失うも持ち前の負けん気で内角攻めを貫き、以降は失点を許さない。8回2死一、二塁のピンチを切り抜けた時点で投球数は121。1点差の9回は新守護神・涌井がスタンバイしていたが、杉本投手コーチに「行けるか」と聞かれると「行きます」と続投を志願した。134球を投げたサブマリンについて、渡辺監督も「8回にも強い球を投げていた。流れを変えたくなかった」と信頼を寄せていた。

 ▼西武・ヘルマン(6回に勝ち越しの中越え適時二塁打)少しでも投手の助けになれて良かった。自分の打てる球を待ってスイングした。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年5月9日のニュース