ルーキーの嘉弥真 ピンチでプロ初登板もきっちり

[ 2012年5月4日 23:38 ]

パ・リーグ ソフトバンク0-5楽天

(5月4日 ヤフーD)
 ソフトバンクのドラフト5位ルーキーの嘉弥真が、八回2死一、三塁のピンチでプロ初登板。「脚が震えていた」と聖沢に四球を与えたが、続く西村を落ち着いて右飛に仕留めた。

 九回は先頭に安打を許したが、4番のフェルナンデスを併殺打に仕留めた。「左バッターを抑えないと駄目」と反省しながらも「意外と落ち着いて投げられた」と話し、プロとしての第一歩をしっかりと踏み出した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年5月4日のニュース