イチロー 稲葉の第一印象は「これが中京の4番なら僕はもっといける」

[ 2012年4月29日 10:53 ]

 マリナーズのイチローと2000安打を達成した、日本ハムの稲葉は中学、高校時代、愛知県の同じバッティングセンターで練習していた逸話がある。

 しかしそこで出くわしたのは「1回だけ」(イチロー)。イチローが中学3年、稲葉が愛知・中京高(現中京大中京高)に入りたてのころで、「これが中京の4番なら僕はもっといけると思った」と20年以上前の素直な第一印象を率直に述べて、稲葉へ独特な“祝辞”を送った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2012年4月29日のニュース