西岡を起爆剤に!地区最下位のツ軍指揮官「力が必要」

[ 2012年4月18日 06:00 ]

 ツインズのテリー・ライアンGMが、現在3Aロチェスターの西岡のメジャー昇格について言及した。「打撃では数字こそ出ていないが(打率.189)内容は悪くない。守備も安定してきている」と評価。さらに「エネルギッシュなプレーでチームにいい影響を与えている。いずれチームの勝利に貢献してくれることになる」と話した。

 西岡はこの日のスクラントン戦に2番・二塁で先発し、2安打1打点で勝利に貢献した。ツ軍は今季新加入の正遊撃手キャロルが打率.222、正二塁手カシーヤも同.208と不振。チームも地区最下位に沈んでおり、浮上への起爆剤を必要としている。ロン・ガーデンハイアー監督も「3Aのジーン・グリン監督と2度話した。われわれはニシの力が必要」と話しており、さらなるアピールが昇格につながりそうだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年4月18日のニュース