木佐貫 鹿取氏とばったり 新横浜駅での立ち話が復調のきっかけ

[ 2012年4月16日 06:52 ]

<西・オ>西武を破り今季2勝目を挙げたオリックス・木佐貫はファンの声援に応える

パ・リーグ オリックス6-2西武

(4月15日 西武D)
 オリックスの木佐貫が6回0/3を5安打1失点にまとめ、今季2勝目を飾った。

 雪辱を誓ったマウンドだった。昨季7月11日の西武戦で4回9安打6失点KO。直後、2軍落ちを告げられた。

 失意に満ちた帰りの新横浜駅。ばったり遭遇した巨人在籍時のコーチ・鹿取氏との立ち話が復調の転機だった。「ツーシームやチェンジアップを覚えたら?」。投球の幅を広げるべく、新球習得に励み、ツーシームが新たな武器として加わった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年4月16日のニュース