審判団が巨人ベンチへ“抗議” 「ビジョンでリプレー映さないで」

[ 2012年4月13日 08:08 ]

<巨・中>6回1死三塁、和田の中飛で本塁へタッチアップした三走・森野(中央)だが中堅手・長野の好返球でアウトとなる(捕手・阿部)

セ・リーグ 巨人3-2中日

(4月12日 東京D)
 6回、長野の補殺で攻守交代した直後、審判団が巨人ベンチに異例の申し入れを行った。内容について西本二塁塁審は「答えられません」としたが、岡崎ヘッドコーチは「オーロラビジョンでリプレーを映さないでほしいということだった」と説明した。

 本塁でのクロスプレーの映像が球場内で流されたことへの審判団の「抗議」で、巨人・笹本運営部長は「連盟の方に対処してもらうように話をするでしょう」とした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年4月13日のニュース