異常!?完封率32% 「飛ばない球」の影響今年も…

[ 2012年4月9日 10:21 ]

 プロ野球は2節を終了して、完封試合がセ11試合、パ5試合の合計16試合。総試合数に占める比率は32.0%に達し、最近10年間では08年の20.8%を大きく上回り最も高い。

 特にセは巨人5、DeNA4と両チームで9度の零敗が目立ち、計11試合。比率は44.0%に跳ね上がる。統一球使用は2年目を迎えるが、投高打低の傾向に拍車がかかっている。

 なお、こうした打線の低迷から重量打線を看板にする巨人、オリックスは開幕9試合を消化していまだ本塁打が出ない。2リーグ制後、同一シーズンに2チームが開幕9試合本塁打0は初のケースだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年4月9日のニュース