プロ注目の・三嶋2回無失点「真っすぐは勢いあった」

[ 2012年4月9日 06:00 ]

スポニチ後援第38回社会人・東京六大学野球対抗戦 法大2-3JR東日本

(4月8日 神宮)
 今秋のドラフト候補の法大・三嶋が5回から3番手で登板し、2イニングを1安打無失点。上々の投球を見せた。

 140キロ台中盤の直球で押す内容に「真っすぐは勢いもあったと思う。今年は真っすぐにこだわってやっていきたい」と納得の表情を浮かべた。金光興二監督は「船本、石田、三嶋の3人は先発で回すと話してある。(昨秋未勝利の)三嶋は復活してきている」と期待を寄せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年4月9日のニュース