亀井、顔面付近に死球…鼻骨骨折も「大丈夫です」

[ 2012年4月9日 06:00 ]

<神・巨>5回、亀井は頭部に死球を受ける

セ・リーグ 巨人5-1阪神

(4月8日 甲子園)
 巨人・亀井義行内野手(29)が8日の阪神3回戦(甲子園)で5回の第3打席に顔面付近に死球を受けて負傷交代。兵庫県内の病院で「鼻骨骨折」と診断された。

 交代時、担架で運ばれた亀井は、自ら歩いて救急車に乗り込み病院へ。検査後、球場に戻りナインとともに帰京した。「大丈夫です。今は腫れているので処置は何もしていない」と亀井。今後に関して岡崎ヘッドコーチは「あす、もう一度、病院に行って状況を見て決めます」と説明した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年4月9日のニュース