ドラ1藤岡にプロの洗礼「打たれるべくして打たれた」

[ 2012年4月9日 06:00 ]

<ロ・日>3回2死三塁、小谷野に2ランを打たれる藤岡

パ・リーグ ロッテ1-3日本ハム

(4月8日 QVC)
 痛烈なアーチの洗礼にロッテ・藤岡の表情がゆがんだ。3回2死三塁から小谷野にプロ初被弾となる2ラン。7回は先頭のスレッジにもソロを許した。本拠地初登板は6回2/3を7安打3失点で初黒星。チームは開幕4連勝後に本拠地で3連敗となり「2本とも失投。打たれるべくして打たれた。自分のミスです」と悔やんだ。

 小谷野には2ボールからストライクを取りにいって痛打された。甘く入った142キロ直球を左翼席へ運ばれ、西本投手コーチは「プロで何年も飯を食ってる打者。打者有利なカウントで簡単にいけば打たれる」と苦言を呈した。オープン戦で本塁打を浴びた同学年の中田は3打席無安打に抑えた藤岡だが、次回登板へ「オープン戦でも直球を打たれるのが多かった。変化球を使いながらいかないと」と課題を挙げていた。

 ▼ロッテ・里崎(ソロ本塁打を含む2安打。4試合連続マルチ安打)自分の形で打てている。本塁打は軽く振ったら飛んでくれた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年4月9日のニュース