原監督ガックリ…球団ワースト並ぶ31回無得点&3戦連続零敗

[ 2012年4月7日 21:57 ]

6回、2死満塁のチャンスに空振り三振に倒れた巨人・村田(右)と、肩を落とす原監督(左)

セ・リーグ 巨人0―1阪神

(4月7日 甲子園)
 巨人が1985年以来の31イニング連続無得点と2009年以来の3試合連続零敗。ともに球団ワーストに並ぶ惨状で、連敗は4年ぶりに5まで伸びた。球団史に残る記録的な貧打に原監督は「なかなか、かみ合ってこない」と肩を落とす。

 初回2死三塁で阿部が空振り三振。最大の好機だった6回2死満塁でも村田が空振り三振に倒れた。わずか4安打。5試合連続で適時打がなく、野手陣は失点につながった1回の失策とともに攻守で杉内の足を引っ張った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2012年4月7日のニュース