亜大・九里 初完投勝利「東浜さんを追い抜くつもりで」

[ 2012年4月3日 06:00 ]

<亜大・駒大>8回のピンチをしのいだ亜大・九里は力強くガッツポーズ

東都大学野球第1週第2日 亜大2―1駒大

(4月2日 神宮)
 2回戦2試合が行われた。第2試合では亜大の九里亜蓮(くり・あれん)投手(3年)がリーグ戦初完投勝利。チームも連勝で勝ち点を挙げ、秋春連覇へ向けて好発進した。第1試合は東洋大が中大に1―0で競り勝ち、1勝1敗のタイに戻した。

 亜大は連勝で駒大を下し、昨秋王者の貫禄を示した。4安打1失点でリーグ戦初完投勝利を挙げた九里は「開幕だったので力んでしまいました」と2回に江越に浴びたソロ本塁打を反省。それでも3回以降は1安打に封じる危なげない投球を披露し、開幕直前に40度の高熱を出した影響を感じさせなかった。今秋ドラフト上位候補の東浜とともに屋台骨を支えるが「東浜さんを追い抜くつもりでやってきた。1戦目に投げないと抜いたとは言えない」と負けん気の強さをのぞかせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2012年4月3日のニュース