杉内 巨人にとっては36年ぶりの“初勝利” 自身は初登板8連勝

[ 2012年4月2日 07:47 ]

<巨・ヤ>お立ち台でファンの歓声に手を上げて応える杉内

セ・リーグ 巨人4-2ヤクルト

(4月1日 東京D)
 巨人の杉内が6回1/3を2失点で移籍後初勝利を飾った。

 FA移籍で巨人入りした投手の初登板勝利は00年工藤以来2人目だ。また、巨人移籍初登板の投手がチームの初勝利をもたらしたのは65年・金田正一、66年・久保田治、76年・水谷孝、12年・杉内俊哉と36年ぶり4人目。杉内は02年プロ入り以来、シーズン初登板の試合に無傷の8連勝(勝敗つかず3試合)ともなった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年4月2日のニュース