ロッテ新人の開幕カード初登板先発勝利は62年ぶり

[ 2012年4月2日 06:00 ]

パ・リーグ ロッテ4-2楽天

(4月1日 Kスタ宮城)
 ロッテ新人の藤岡がプロ初登板初先発を勝利で飾った。チームの新人初登板初勝利は、08年4月26日ソフトバンク戦で唐川が同じく先発で達成して以来だ。

 開幕カードの初登板先発勝利は、毎日として球団創設された50年開幕戦の榎原好以来、62年ぶり2人目。両リーグでも07年の小嶋(神)以来、66年のドラフト制以降5人目の快挙となった。

 ▼楽天・田淵ヘッドコーチ コントロールで崩れる投手ではない。スライダーなどカウントを取れる球もあるし、低めに来ていた。

 ▼楽天・牧田(3打数無安打)スピードもあったし、直球、スライダーともに切れがあった。

 ▼楽天・聖沢(4打数1安打)オープン戦よりもずっと良かった。思ったよりスピードがあった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年4月2日のニュース