吉川好投も無援…日本ハム 50年ぶり快挙ならず

[ 2012年4月2日 06:00 ]

<日・西>力投する日本ハム先発・吉川

パ・リーグ 日本ハム0-1西武

(4月1日 札幌D)
 最後まで1点が遠かった。日本ハムは前身の東映時代に記録した、62年以来50年ぶりとなる開幕同一カード3連勝はならず。栗山監督は「吉川には悪いことをした」と、8回1失点の好投を見せた6年目左腕をかばった。

 4年ぶりの白星を狙った吉川は自己最速の151キロをマーク。失点を中村のソロ本塁打による1点に抑え、その内容に手応えを感じながらも「僕が打たれてしまった結果。悔しい」と反省しきりだった。

 ▼日本ハム・中田(開幕3試合で11打数無安打)今は辛抱の時。昨年は開幕から5試合(安打が)出なかったから、5試合目までには打とうと切り替えている。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年4月2日のニュース