大阪桐蔭・田端が骨折…1回戦で右手付近に死球

[ 2012年3月24日 09:15 ]

 選抜高校野球大会の大会本部は24日、1回戦で右手付近に投球を受けた大阪桐蔭の田端良基選手が23日に大阪市内の病院で診察を受け、右尺骨茎状突起骨折で全治4週間と診断されたと発表した。田端選手は患部をギプスで固定し、2回戦以降もベンチ入りする予定という。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年3月24日のニュース