帆足 開幕ローテ生き残りかけ教育リーグ登板へ

[ 2012年3月13日 06:00 ]

キャッチボールするソフトバンクの帆足

 ソフトバンクの帆足が18日の教育リーグ・阪神戦(鳴尾浜)に開幕ローテーション生き残りをかける。

 西武からFA移籍した左腕だが、11日のロッテ戦(ヤフードーム)では3回2安打1失点ながら2四球と制球に苦しみ、確定ランプをともすことはできなかった。すでに右腕の摂津、ペニー、左腕の山田、ピントが決まり、残る枠は左右とも1人分。18日はライバル左腕・大隣もDeNA戦(横浜)に先発するだけに、帆足は「結果も大事だけど、自分が納得できる投球をしたい」と意気込んだ。右腕は新垣と岩崎が有力候補だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年3月13日のニュース