ソフト君大嶋に初カミナリ ミーティングで怒られた…

[ 2012年2月24日 06:00 ]

練習試合 日本ハム0―3ヤクルト

(2月23日 名護)
 早大ソフトボール部出身の日本ハム・大嶋が、初盗塁と初カミナリを経験した。

 7回、四球で出塁するとヒットエンドランのサインでスタート。相手捕手の送球がそれ、盗塁を成功させた。しかしその後の1死一、二塁で、中島の二直で飛び出して併殺。「同じミスをしなければいい。気をつければ走塁はすぐできる」と話したが、試合後のミーティングでは清水外野守備走塁コーチから「2点ビハインドであれはやってはダメ」とお叱りを受けた。打撃も1打数無安打と快音は響かず。腰の張りで居残り練習は行わなかったが「感触はいい」と前を向いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年2月24日のニュース