育成の大立 またアピール!2回を無安打無失点

[ 2012年2月22日 16:07 ]

練習試合 巨人6―4韓国LG

(2月22日 沖縄セルラー)
 巨人は、韓国LGと練習試合を行い、6―4で勝利した。

 1回裏、坂本と松本哲が安打と盗塁で相手投手を足で揺さぶると、戦力外となった西武から加入した石井が適時打を放ち2点を先制した。

 2回まで好投していた先発の内海は3回、守備の乱れから失点すると、2番イ・ジンヨンに一発を浴び、この回3点を失って逆転された。

 5回、巨人は2死から代打で登場した新外国人のボウカーの適時打で同点に。しかし、6回に2番手で登板した小野がイ・ビョンギュに本塁打を打たれ、再びリードを許した。

 その裏、巨人は大田と古城が安打で出塁すると、代打・谷の併殺崩れの間に再び同点。7回には石井の適時打で勝ち越し、続く8回には実松の追加点で試合を決定づけ、接戦を制した。

 育成枠ながら1軍に昇格した大立は7回から登板。2イニングを無安打無失点で4三振を奪う好投を見せて支配下登録へアピールした。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2012年2月22日のニュース