なんと三塁打2本!高木ブーの前で中日のブーちゃん爆発

[ 2012年2月20日 06:00 ]

中日キャンプを訪問した高木ブー(右)と笑顔で握手を交わす中田亮

中日紅白戦 紅組1-4白組

(2月19日 北谷)
 ブーちゃんが元祖「ブーちゃん」の前で、まさかの2三塁打だ。中日の中田亮が紅白戦の3回に左越えの飛球を放つと、110キロの巨体を揺らす全力疾走で、三塁まで達した。7回にも中越えの打球で三塁を陥れた。意外な快足を披露。昨季2軍では三塁打を2本記録しているが、1試合2本はプロ入り「初」だ。

 スタンドは大盛り上がり。中でも手を叩いて喜んでいたのがタレントの高木ブーだ。中田亮の愛称が「ブーちゃん」と知って親しみを感じた高木は、2年前にも春季キャンプを訪れ激励している。この日は2年ぶりの再会。「結果の世界。いいところまで来ているんだから」と高木にエールを送られた中田亮は「激励はうれしかったし、これからも結果にこだわってやっていきたい」と童顔を引き締めた。

 21日からの第4クールからは2軍がキャンプを行う読谷へ戻り、打ち込みを行う。「開幕から1軍に定着できることが今の目標」という中田亮は「ブーちゃん」の言葉を胸にバットを振り込む覚悟だ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年2月20日のニュース