松坂に野球ごっこしてもらった 渡辺佳明「目標は甲子園で優勝」

[ 2012年2月15日 09:39 ]

合格通知を手にする横浜・渡辺監督の孫・佳明

 第84回選抜高校野球大会(3月21日開幕、甲子園)に出場する神奈川・横浜高の渡辺元智監督(67)の次女・元美さんの息子で、同監督にとって孫となる渡辺佳明(15)が14日、同校のオープン入試を受験し、合格した。

 佳明は幼少時、横浜高の合宿所などで、高校球児にかわいがられて育った。1歳時には松坂(現レッドソックス)に抱っこしてもらい、おもちゃのボールで野球ごっこをしてもらったこともあるという。

 今春のセンバツ後に野球部の練習に合流予定。もちろん、グラウンドでは選手と監督という間柄になる。佳明は「意識はしないようにしたいです。目標は甲子園で優勝です」と、祖父との日本一に胸を躍らせていた。

 ◆渡辺 佳明(わたなべ・よしあき)1997年(平9)1月8日、神奈川県生まれの15歳。六浦南小2年から野球を始める。富岡中では中本牧リトルシニアでプレーし、昨年のジャイアンツカップは4強。ポジションは二塁手。1メートル72、71キロ。右投げ左打ち。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年2月15日のニュース