隔離もバルコニーに姿…中畑監督 部屋から“ミタ”

[ 2012年2月4日 06:00 ]

宿舎のバルコニーからグラウンドのナインに向かって手を振るDeNAの中畑監督

 インフルエンザA型に感染したDeNAの中畑清監督(58)は3日、沖縄県宜野湾市の宿舎で静養。自室のバルコニーから隣接する球場の選手に手を振って元気をアピールし、爆笑を誘った。練習は高木豊ヘッドコーチ(53)が指揮を執り、期待の3年目右腕・国吉佑樹投手(20)がフリー打撃に登板。オープン戦初戦となる25日の巨人戦(沖縄セルラー)先発に意欲を示した。中畑監督は5日復帰の見込み。

 もうすぐ練習が始まる。午前9時57分。隔離された部屋でうずうずしているところへ電話が鳴った。宮内広報の携帯からだ。出ると高木ヘッドコーチの声がした。

 「選手が集まってるんで顔を出して」

 ジャージー姿。右手に携帯を握ったまま窓から球場を見下ろすと、選手が全員こっちを向いている。左手を上げたが「見えないから出てきて」と言われて窓を開けた。

 バルコニーに出ると「おお、監督だあ」。どよめきがうれしくて手を振り、ガッツポーズをつくると一同大爆笑。病気で練習を休んでも笑いを取る。こんな監督、見たことも聞いたこともない。

 前日、インフルエンザA型に感染していることが判明。宿舎ラグナガーデンホテルの部屋に閉じ込められた。客室最上階の12階、2方向に窓がある60平方メートルのコーナースイート。これがナイスなロケーションにある。普通に泊まれば1泊5万1975円の部屋からは隣接する宜野湾市立野球場、サブグラウンド、ブルペンが全て見える。その先はエメラルドグリーンの東シナ海である。

 感染の拡大を防ぐため外出は禁止されても、本人は至って元気だ。この日は午前6時50分に起床。前日37度2分あった体温は36度5分に下がった。食欲も旺盛。3食しっかり平らげた。朝、見舞いに来てくれた春田真オーナー、池田純球団社長に「きょうも行けますよ」と言って「休んでください」と押し止められたという。

 それでもグラウンドはやっぱり気になる。バルコニーから選手に元気を伝えたあとも、ちょくちょく窓越しに練習をチェック。気になる選手については裏方さんにビデオ撮影を頼み、練習後に全て見た。

 夜は往診してくれた医師から「ノックなど激しい運動は控えてほしい」というただし書き付きながら「5日から復帰できると思う」とお墨付きをもらった。ウイルスじゃなく、再び元気をグラウンドに振りまくまで、あと1日の辛抱だ。

 ▼DeNA・中畑監督(球団広報を通じて)非常にバランスの良い練習だったと思う。投手も内野手も非常に集中力を保ったまま、練習できていたと思う。日頃とは違う目線で、ホテルの上から練習を見渡すことができた。本球場、サブグラウンド、全てを使って非常に効率の良い練習ができていた。上から見ていて気持ち良かった。このままずーっと見ちゃおうかな。

 【隔離ドキュメント】

 ▼6:50 起床。

 ▼7:30 朝食。ご飯、味噌汁、納豆、目玉焼き、ハム、サラダ、フルーツ、ヨーグルト、シークワーサージュース。

 ▼9:57 グラウンドに向かって手を振る。

 ▼12:30 昼食。ビーフカレー、サラダ、コーンスープ、フルーツヨーグルト、はちみつレモンスペシャルドリンク。

 ▼18:00 夕食。ウナギ丼、焼きそば、回鍋肉(ホイコーロー)、サラダ、かに玉、水炊き、フルーツヨーグルト。

 ▼19:30 医師の往診を受ける。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年2月4日のニュース