元巨人左腕が6年ぶり社会人復帰「感謝しています」

[ 2012年2月4日 06:00 ]

 社会人野球の第67回JABA東京スポニチ大会(3月12日開幕)の組み合わせが、決まった。昨年限りで巨人を退団した上野貴久投手(29)が6年ぶりに復帰したNTT東日本、昨年の都市対抗優勝のJR東日本、昨年のスポニチ大会で優勝を分け合ったJX―ENEOS、NTT西日本などに注目が集まる。

【組み合わせと日程】

 上野が再び、社会人野球の舞台に戻ってくる。1月末に古巣の練習に合流した29歳左腕は「まさかもう一度やれるとは思わなかったですね。同じチームに戻ることはなかなかないと思う。感謝しています」と喜びをかみしめた。帝京―東洋大―NTT東日本を経て、06年の大学・社会人ドラフト3位で巨人入り。だが、プロ5年間で1試合に登板に終わり、昨年11月に巨人から戦力外通告を受けた。12球団合同トライアウトに参加したが、声が掛からなかった。「もう野球をやめようと思っていました。チャンスをいただいたので、スポニチ大会で投げる機会があれば頑張りたい」と決意を新たにしていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年2月4日のニュース