和田 松坂との投げ合いは「僕が結果を残せばあると思う」

[ 2011年12月26日 07:39 ]

オリオールバードを表示したiPadを手に笑顔を見せる和田

 オリオールズと2年総額815万ドル(約6億4000万円)で契約し、23日に帰国していた和田毅投手(30)が25日、母校の早大で練習を再開した。

 メジャーを意識し始めた原点である早大で、日本ハムの松家とキャッチボールなどで汗を流した。最近1週間ぐらいはメジャー公式球を使っているが、特に不安もないという。

 年明けからは宮崎市で自主トレを行う予定で「ゼロからのスタート。また新たな戦いが始まる」。同学年で親交のあるレッドソックス・松坂についても「僕が結果を残せば、投げ合うこともあると思う。そのときは勝ちたい」と意欲を見せていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年12月26日のニュース