広島ドラ1・野村、子供たちの目標に「なりたい」

[ 2011年12月26日 06:00 ]

広島のユニホームをまとい、プロでの活躍を誓った野村

 広島の今秋のドラフト1位・野村(明大)が、岡山市内のホテルで開かれた激励会に出席。中学時代に所属した倉敷ビガーズの選手や関係者210人を前に「子供たちや野球少年に“野村投手のようになりたい”と思ってもらえる選手になりたい」とあいさつした。

 倉敷は中学卒業までの15年間を過ごした故郷。年始は倉敷ビガーズのグラウンドで始動する予定で、思い出の場所からスタートする。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年12月26日のニュース