マーリンズ、今季首位打者のレイエスと合意 6年総額83億円

[ 2011年12月5日 12:57 ]

米大リーグ、マーリンズと大型契約で合意したと、複数の米メディアが報じたレイエス内野手

 米大リーグのマーリンズは4日、メッツからフリーエージェント(FA)となったホセ・レイエス内野手(28)と総額1億600万ドル(約83億円)の6年契約で合意したと、FOXスポーツ(電子版)など複数の米メディアが伝えた。

 俊足好打のレイエスは今季、打率3割3分7厘を記録し、ナ・リーグ首位打者に輝いた。

 来季から新球場に移るマーリンズは、球団名を「フロリダ・マーリンズ」から「マイアミ・マーリンズ」に変更。中南米からの移住者が多く、目玉選手の一人として、ドミニカ共和国出身のレイエス獲得に動いていた。(共同)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年12月5日のニュース