横浜 広島退団のジオ調査「横浜の街が気に入っている」

[ 2011年11月30日 07:17 ]

 横浜が来季の外国人獲得候補として、今季限りで広島を退団したジオ・アルバラード投手(33)の調査を進めていることが29日、分かった。

 同投手は今季は主に先発として18試合で3勝7敗、防御率2・72だった。外国人枠の理由で自由契約となったが、広島球団関係者によるとジオ自身も来季は日本でのプレーを希望しているという。

 シーズン中から「横浜の街が気に入っている」と周囲に打ち明けていたという。先発陣の補強へ、今後も調査を続ける。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2011年11月30日のニュース