「世界の盗塁王」福本氏が恩師に別れ

[ 2011年11月29日 06:00 ]

焼香で手を合わせる福本氏

 阪急で黄金時代を築いた「世界の盗塁王」福本豊氏も、恩師に静かに別れを告げた。

 福本氏の父親は海軍に所属していたことがあり、陸軍に応召された経験がある西本氏からは「父ちゃんは元気か」と機会あるごとに声を掛けられていた。「上(天国)に親父がいるから話でもしてください」と心の中で語りかけた同氏は「20年間現役をやれたのは監督のおかげです」とあらためて感謝していた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2011年11月29日のニュース