ソフトバンク快勝 2回に打者一巡 3投手で完封リレー

[ 2011年11月26日 16:23 ]

2回ソフトバンク無死二塁、福田が右翼線に先制二塁打を放つ。投手李宇?、捕手陳甲龍

アジアシリーズ ソフトバンク9―0サムスン

(11月26日 台湾・台中)
 アジアシリーズ第2日は26日、台湾・台中で行われ、11安打を放ったソフトバンクがサムスン(韓国)に9―0で快勝。1次リーグ2勝目を挙げた。

 ソフトバンクは2回に福田の右翼線適時二塁打で先制すると、松田の内野安打などでさらに加点。打者一巡で一挙5点を入れた。5回にも2点、6、8回にも1点ずつと着実に追加点を挙げ、終始主導権を握って離さなかった。

 サムスンは初回、ソフトバンク先発の山田から1死満塁の先制機を迎えたが、得点できず、山田を立ち直らせてしまったのが響き、山田、森福、吉川の完封リレーを許した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2011年11月26日のニュース