宮本「この年で守備で貢献できたのは嬉しい」 青木は6年連続で締めくくり

[ 2011年11月24日 17:45 ]

 史上最年長となる40歳11カ月でダイヤモンドグラブ賞を受賞したヤクルト・宮本。遊撃手としての受賞を含め、9度目の同賞だが「最年長での受賞を大変光栄に思っています」と感慨深い様子。「この年になって守備で貢献できたことを非常にうれしく思う」と喜んだ。次はヤクルトの先輩でもある古田ら、セ・リーグでは過去3人しかいない10度目の受賞が来季の目標となる。

 6年連続6度目のダイヤモンドグラブ賞受賞となった、ヤクルト・青木。メジャーへの挑戦を表明し、これがとりあえず同賞の“最後の受賞”になる。

 「この賞を途切れさすことなく続けてもらえることを目標に、1年間取り組んできたので本当にうれしく思う」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年11月24日のニュース