来年ドラフト候補の川満顔見せ10K 6回まで無安打

[ 2011年11月24日 06:00 ]

<九州共立大・函館大>7回1失点と好投した九州共立大・川満

第42回明治神宮大会大学の部1回戦 九州共立大2―1函館大

(11月23日 神宮)
 九州共立大は来年ドラフト上位候補の大型左腕・川満が7回1失点と好投。

 優勝した99年以来12年ぶりの初戦突破に貢献して「次も流れを持ってこられるようにしたい」と笑顔を見せた。1メートル86の長身から元中日・今中を参考にしたという大きなカーブと最速142キロの直球を武器に6回まで無安打投球。7回の先頭に二塁打を許すと併殺崩れの間に失点したが、底冷えするナイターに雨が降る悪条件で2安打、10奪三振の力投に「優勝を狙いたい」と力強く宣言した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年11月24日のニュース