電力事情考慮し高校初のタイブレーク方式導入

[ 2011年11月24日 06:00 ]

第72回明治神宮大会高校の部1回戦 鳥取城北9―4敦賀気比

(11月23日 神宮)
 高校の部1回戦、敦賀気比―鳥取城北は2―2で延長戦に突入。

 東日本大震災後の電力事情を考慮して、今大会から導入されている延長10回以降の攻撃を1死満塁から行うタイブレーク方式で試合が進められた。日本高野連によると、タイブレークが高校の公式戦で実施されたのは初めてで、11回に鳥取城北が7点を勝ち越して初戦を突破した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年11月24日のニュース