川崎まずはアジア王者に集中 30日にFA表明へ

[ 2011年11月24日 06:00 ]

台湾入りしたソフトバンク・川崎

 来季のメジャー移籍が決定的なソフトバンク・川崎宗則内野手(30)が、台湾でのアジアシリーズからの帰国予定日である30日にも、FA資格行使を表明する。この日、台湾入りした川崎は「(日本へ)戻ったらしっかり報告します。今はアジアシリーズに集中する」と明言。30日は申請期限でもあり、そのまま手続きを行うものとみられる。

 チームは交流戦、レギュラーシーズンを含め完全優勝を達成した。自身も選手会長として初のフルイニング出場。CSファイナルS、日本シリーズも全イニング出場を続けた。FA申請期限である30日を前に球団へ手続きをすれば、アジアシリーズ中の申請も可能となるが、まずは残された4試合に全力投球するつもりでいる。「アジア王者」のタイトルを手土産に、夢の舞台へ挑む。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年11月24日のニュース