村田FA明言 巨人へ「野球選手・村田として歩みたい」

[ 2011年11月24日 06:00 ]

ファンの握手攻めにあう村田

 横浜の村田修一内野手(30)が23日、他球団への移籍を視野に今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使することを宣言した。25日に書類を提出し、申請する。

 権利を行使すれば、三塁手が今オフの補強ポイントである巨人などが獲得に名乗りを上げることは確実。通算251本塁打の和製大砲は10年目の来季、新天地で再スタートを切る。

 ファン感謝デー。本拠地に集まった2万1000人から残留を願う声援を浴びた。その声は胸に染みたが、村田の決断はそれ以上に固かった。

 「FA宣言はファン感謝デーの後と決めていたし、書類を出すのに変わりはない。横浜の村田としてよりは、野球選手・村田として歩みたいということで手を挙げる」

 村田は、横浜を含めて獲得に興味を示す全球団と交渉の席に着く方針だが、移籍となれば巨人が最有力だ。今季三塁手を固定できなかった巨人は、2年連続でリーグ優勝を逃した。通算251発の大砲がFA権を行使すれば、獲得に動くのは確実。「優勝を狙えるチーム」という村田の条件にも合致する。

 「横浜のファンが応援してくれたことは忘れてはいけない」と話したが、男・村田の横浜ユニホーム姿がこれで見納めとなる可能性は十分にある。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年11月24日のニュース