中後、変幻フォーム貫く!成瀬&藤岡と左腕王国つくる

[ 2011年11月22日 06:00 ]

 ロッテは21日、ドラフト2位の中後悠平投手(22=近大)と大阪市内のホテルで入団交渉を行い、契約金8000万円、年俸1500万円で仮契約を結んだ。背番号は16。スリークオーターとサイドで投げ分ける左腕はプロでも変則フォームを貫く意向を明かした。

 唯一無二の投球スタイルは変えない。中後は「今まで通りいきます。まずは開幕1軍を目指して頑張る。1つでも多く勝てる投手になりたい」。来季の布陣で計算できる先発左腕はエースの成瀬だけ。最速151キロ左腕には先発陣の一角として期待がかかる。林信平球団運営本部長は「変則的で球の出どころが見づらい投手。十分、先発で行ける。即戦力として活躍するのを楽しみにしている」と話した。ドラフト1位の藤岡(東洋大)とともに「左の3本の矢」となる。

 ピンチで動じないハートの強さも魅力。「藤岡とは同じチームになったので切磋琢磨(せっさたくま)したい。でも、他の球団に入った選手には負けたくない」。変幻自在のトリッキー左腕が、左腕王国を完成させる。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2011年11月22日のニュース