孫オーナー選手を鼓舞「とどめ刺そう」

[ 2011年11月20日 06:00 ]

観戦する孫オーナー

日本シリーズ第6戦 ソフトバンク1―2中日

(11月19日 ヤフーD)
 試合後、一塁ベンチ裏で選手をねぎらったソフトバンクの孫正義オーナーは「あすが決戦ですね。とどめを刺してもらいましょう」とナインを鼓舞した。

 王貞治球団会長も「日本シリーズらしい戦いになった。どちらも持てる力を出しているし、チャンピオン同士の戦いだからね」。中日の踏ん張りにエールを送りながらも「これで3勝3敗。あすは思い切ってやるしかない」と、自身が監督を務めていた03年以来8年ぶりの日本一を願っていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2011年11月20日のニュース