PR:

原沢新GM 原監督と補強話し合い「有意義な時間」

選手宿舎に到着した原沢新代表・GM兼編成本部長

 清武前代表に代わって就任した巨人の原沢敦新球団代表兼GM(55)が宮崎の秋季キャンプを訪問した。

 チーム宿舎では混乱を招いたことを首脳陣、ナインに謝罪。その上で「新しい体制がスタートしたので安心して練習に励んでほしい」と訴えた。

 原監督とも1時間を超える会談を行い、白紙に戻すことになったオフのFAや外国人補強について早速、意見交換した。

 清武前代表は強化方針をめぐり、指揮官と意見が食い違うことも多かったが、新代表は「具体的なことは言えないが有意義な時間だった。聞いてほしいこともあったでしょうし、いろいろ話してくれた」と一枚岩を強調。また、チーム編成については「僕自身も編成作業というのは責任を持ってやるのは初めて。幸い、ジャイアンツの中には非常に優秀なスタッフがいるので意見を聞いてつくっていくものだなと」と協調性を重視する方針を示した。

 3時間20分の宮崎滞在で、東京へとんぼ返りした原沢新代表。騒動の収束が見えない中、慌ただしいスケジュールを精力的にこなしていた。

[ 2011年11月20日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:08月22日07時〜08時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム