松本 栗山監督に取材を受けたことも「縁を感じます」

[ 2011年11月20日 06:00 ]

 日本ハム2位指名の松本(帝京)が都内で入団交渉に臨み、契約金6000万円、年俸600万円で仮契約した。

 走攻守三拍子そろった大型遊撃手は「少しでも早く遊撃のポジションを獲りたい。遊撃はチームを引っ張る人が守る場所。人間的にも信頼される選手になりたい」と意気込んだ。栗山新監督には帝京時代に取材を受け「甲子園のあと、栗山さんが自分のことをブログに書いてくださっていた。縁を感じますね」と再会を心待ちにしていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2011年11月20日のニュース