平田、値千金の先制打「もう打てないかと思った」

[ 2011年11月13日 22:37 ]

7回、先制二塁打を放ちガッツポーズする中日・平田

日本シリーズ第2戦 中日2―1ソフトバンク

(11月13日 ヤフーD)
 今シリーズ初安打が値千金の先制打。7回2死一、二塁から左翼フェンス直撃の二塁打を放った平田はお立ち台で「強い気持ちを持って初球から思い切りいきました」と笑った。

 第1戦は4打数無安打、この日も2打席凡退しており「もう打てないかと思った」と振り返るが、周囲から“持ってる男”と呼ばれる勝負強さを発揮。「ナゴヤで優勝を決めたい」と力強かった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2011年11月13日のニュース