宮本ガックリ 5試合で1安打「僕が一番、責任がある」

[ 2011年11月6日 22:36 ]

セCSファイナルS第5戦 ヤクルト1-2中日

(11月6日 ナゴヤD)
 ヤクルトの宮本はファイナルステージ5試合でわずか1安打に終わった。8回に中前打したが、この日も5回の併殺打など精彩を欠いた。「僕が一番、責任があると思う」と話した。

 2001年の日本一を知る41歳は、レギュラーシーズン終盤の10月に肺炎で一時離脱。CSも不完全燃焼に終わった。「経験のある僕がふがいなく、引っ張っていけなかった」と肩を落とした。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年11月6日のニュース