西武 中島はメジャー移籍目指す ジャイアンツなど数球団応札か

[ 2011年11月6日 06:46 ]

 西武の中島裕之内野手(29)はポスティング・システム(入札制度)でのメジャー移籍を目指す。

 中島は昨オフもポスティング・システムで移籍を直訴したが球団に却下されていた。その後の契約更改交渉で自身初の代理人を立てるなど移籍に関する話し合いを進めてきた。

 居郷肇球団社長(55)は「まだ終わったばかりなので」と明言は避けたが、今オフは球団側も容認する見込みだ。試合後、中島は「今話すことは何もないです。どうなるか分かりません」としたが、以前から「アメリカでやってみたい」と話すなど、強いメジャー志向は変わっていない。

 今年6月に国内FA権を取得。後半戦からはキャプテンも務め、自身初の100打点も挙げた。同システムを申請すればジャイアンツなど数球団からの応札が見込まれている。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年11月6日のニュース