涌井 意地の投球も下克上ならず…渡辺監督「これが野球」

[ 2011年11月6日 06:00 ]

<ソ・西>10回2死二塁 涌井は、長谷川に同点の適時二塁打を打たれベンチに引き揚げる

パCSファイナルS第3戦 西武1-2ソフトバンク

(11月5日 ヤフーD)
 西武の渡辺監督は腕組みをしたまま、三塁ベンチから秋山監督の胴上げを凝視していた。3位からの下克上はならず、3連敗で3年ぶりの日本シリーズ進出を逃した。

 「(ソフトバンクとの)差は大きいと思う。でも埋められない差ではない。チームを一度ぶっつぶすくらいの気持ちで、来年は巨大な戦力に立ち向かっていきたい」

 エースの涌井は意地を見せた。ソフトバンク・杉内と息詰まる投手戦。9回を終えて両軍無得点。7回からは3イニング連続で併殺でピンチを脱した。延長10回にフェルナンデスが勝ち越し打。その裏2死二塁で1ボール2ストライク。勝利まであと1球としながら外角、内角と2球続けて際どいコースをボールと判定された。くしくも杉内と同じ運命の127球目。長谷川に右中間を破られて同点とされた。日頃はポーカーフェースの涌井が、悔し涙を流しながらマウンドを降りた。試合後の宿舎へ続くヤフードームの長い通路。エースは最後まで無言を貫いた。

 渡辺監督は涌井をかばった。「今年一番の出来だったんじゃないかな。何とかあと1人抑えてくれれば良かったけど、これが野球」。打線はCSファイナルS3試合で計5得点。投打は最後までかみ合わなかった。

 今季は一時最下位に沈みながら、9月の10連勝で盛り返した。最終戦で3位に滑り込み、CSファーストSは敵地で2連勝。戦った149試合は若いチームにとって大きな財産になった。渡辺監督は「ここまでよく頑張ったけど、納得していてはいけない。もう一回つくり直す」と、来季へ目を向けた。

 ≪PO最長イニング≫涌井(西)が9回2/3を1失点。プレーオフ、CSで先発投手が延長回まで投げたのは他に79年第3戦稲葉(阪急)、この日の杉内(ソ)といるがともに9回1/3。涌井は2人を上回る最長イニングになる。また6回先頭の多村(ソ)に初安打を許すまで5回を無安打。プレーオフ、CSで先発が5回以上を無安打は74年第3戦村田(ロ=5回)、07年1S(1)戦川上(中=5回1/3)、08年2S(5)戦涌井(西=6回2/3)に次いで4度目。1人で2度記録したのは涌井が初めてだ。ちなみに日本シリーズでの無安打の最長イニングは07年第5戦山井(中)の8回。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年11月6日のニュース