橋上戦略コーチ 積極的交流でID野球注入

[ 2011年11月6日 06:00 ]

巨人ナインにあいさつする(左から)大道、豊田、橋上コーチ

 巨人・橋上戦略コーチが、宮崎秋季キャンプで首脳陣や選手と積極的に交流を図る。

 「監督の意向を聞いた上で、スコアラーの方々と話をしたい。(今回は)若い選手が多いので、選手とも話ができればと思う」。2年連続V逸のチームは、データを一括管理する戦略室を新たに設置。その中心を担う橋上コーチは「今年はどんなやり方だったか聞いて、良いものは残して足りないものは付け足していきたい」。楽天のヘッドコーチ時代には野村克也監督に師事。ID野球を注入する。この日はスーツ姿で川崎市のジャイアンツ球場を訪れ、首脳陣や選手ら球団関係者にあいさつ。坂本が「いろんなものを吸収していきたい」と興味を示すなど期待も高い。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年11月6日のニュース