日本ハムは長期戦を覚悟…「熱意と誠意を持って気持ちを」

[ 2011年11月6日 06:00 ]

 日本ハムは初交渉の場に編成トップの山田正雄GM、担当の岩井隆之スカウト、大渕隆スカウトディレクターが出席する。

 チームにも事前に1位指名を通達していなかった独自のドラフト戦略について、菅野本人に説明する山田GMは「まずは私どものドラフトに対する考え方を説明したい。私たちは何回でも足を運ぶつもりです」と長期戦を覚悟していた。また、大渕スカウトディレクターは「誤解、驚き、困惑を与えた事実に申し訳ないと最初に言います。その上で熱意と誠意を持って指名した気持ちを伝えます」と話した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年11月6日のニュース