1番抜てきの山田、無安打もプロ初得点に笑顔

[ 2011年11月5日 06:00 ]

<中・ヤ>5回1死二塁、青木の適時打で生還した山田(左)を笑顔で迎えるヤクルトナイン

セ・リーグCSファイナルS第3戦 ヤクルト2-1中日

(11月4日 ナゴヤD)
 ヤクルトは2試合連続で1番・遊撃に抜てきされた高卒新人・山田が決勝のホームを踏んだ。

 5回先頭で8球粘って四球で出塁。犠打で二塁へ進み、青木の右前打でプロ初得点となる生還を果たして「点につながったので大事な役割ができたと思います」と顔をほころばせた。いまだ無安打も守備では「過去最高だと思う」という11度の守備機会を無失策でこなした。小川監督は「内容がいい。みんなの山田を見る目が違ってきた。何かしてくれるんじゃという期待感がある」と昨年のドラフト1位ルーキーに期待を寄せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年11月5日のニュース