森野、田中と衝突…首痛め「プロ野球であんなところにいるなんて」

[ 2011年11月4日 23:10 ]

9回中日1死一塁、一ゴロを放ちベースカバーの二塁手田中(左)と一塁上で激突する森野

セCSファイナルS第3戦 中日1-2ヤクルト

(11月4日 ナゴヤD)
 中日の森野は9回1死一塁で内野ゴロを打つと、併殺を防ごうと全力で一塁へ走った。ここでベースカバーに入っていた二塁手の田中が森野の進路をふさぐような位置におり、両者が衝突した。

 倒れ込んでしばらく起き上がれなかった森野は、軽く首を痛めた様子。「プロ野球であんなところにいるなんてありえない。あしたは勝ちますよ」と怒りをあらわにして引き揚げた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年11月4日のニュース