橋上氏 ノムさんの下でヘッド経験 秦氏とともにBCリーグ監督も

[ 2011年11月1日 10:28 ]

 巨人は来季の新コーチとして、元楽天ヘッドコーチの橋上秀樹氏(45)と、ヤクルトなどでプレーした秦真司氏(39)を招聘することが1日、分かった。

 ◆橋上 秀樹(はしがみ・ひでき)1965年(昭40)11月4日、千葉県生まれの45歳。安田学園から83年ドラフト3位でヤクルト入団。捕手、外野手としてプレーした。97年日本ハム、00年阪神に移籍し同年引退。通算543試合に出場し、打率・265、17本塁打、86打点。楽天創設時の05年に2軍守備走塁コーチとして就任し、07年から09年まで野村克也監督のもとでヘッドコーチ。今季はBCリーグ新潟の監督を務めた。

 ◆秦 真司(はた・しんじ)1962年(昭37)7月29日、徳島県生まれの49歳。鳴門―法大から84年ドラフト2位でヤクルト入団。捕手、外野手としてプレー、92年日本シリーズ第6戦でサヨナラ本塁打を放つ。99年日本ハム、00年ロッテに移籍し同年引退。通算1182試合に出場し、打率・262、97本塁打、341打点。01年ロッテ2軍打撃コーチ、05、06年中日捕手コーチ。08年からBCリーグ群馬監督。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2011年11月1日のニュース