好機にあと1本が…初安打の青木第3戦へ切り替え強調

[ 2011年10月31日 06:00 ]

<ヤ・巨>8回2死一、三塁の好機に遊ゴロに倒れた宮本は天を仰ぐ…

セ・リーグCSファーストステージ第2戦 ヤクルト2―6巨人

(10月30日 神宮)
 ヤクルトは8回にようやく青木、畠山が今シリーズ初安打を放ったが、好機で主軸に1本が出なかった。1点を追う6回、先頭・田中が右前打してクリーンアップに回したが青木は二ゴロ。畠山、宮本も倒れて進塁させることすらできなかった。

 8回2死一、三塁では宮本が初球を打ち損じて遊ゴロに倒れた。青木は「(6回は)最悪でも進塁打と思っていたけど…。切り替えてあした勝てるように準備したい」と必死に気持ちを切り替えていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2011年10月31日のニュース