栗山新監督 就任発表即始動へ!会見は11月7日以降

[ 2011年10月31日 06:00 ]

パ・リーグCSファーストステージ第2戦 日本ハム1―8西武

(10月30日 札幌D)
 日本ハムの来季新監督となるスポーツキャスターの栗山英樹氏(50)の就任発表、会見を11月7日以降に行うことが30日、分かった。CSファーストSでの敗退が決まったことで、梨田昌孝監督(58)が31日に退任会見を開き、日本ハムは栗山氏を迎えて新たなスタートを切る。

 就任会見はセ、パのCSファイナルSの日程と重ならないように配慮して、ファイナルS終了後から11月12日の日本シリーズ開幕までの間で調整が進められている。絶対的なエース、ダルビッシュがメジャー流出する可能性がある新チーム。大社啓二オーナーは新監督像として「育成とスカウティングというチーム方針を理解し、北海道の良さをアピールする発信力のある人」と語っており、栗山氏にはチームの再編成と若手の育成が求められる。千葉・鎌ケ谷で行われる秋季練習は11月中旬からの予定。就任会見後すぐに栗山監督率いる新生日本ハムは船出する。なお、現コーチ陣は全員が残留要請を受けている。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2011年10月31日のニュース